1 : ライトスタッフ◎φ ★ : 2014/03/15(土) 08:37:05.63 ID:???
食品を作る技術は、すさまじい進歩を遂げている。もはや「工業製品」とでも言うべき
食べものが次々と登場しているのだ。美味しくて安いならいいと思うか、気持ち悪いと
思うかは、あなた次第。

■食べても違いはわからない

「フランケン・フィッシュ」—人間の手によって、こんな新種が生み出された。

これは、遺伝子操作によって、通常の2倍の速度で成長するように仕組まれた魚のこと。
24年前から続けられてきた研究成果が実り、ついに、アメリカのアクアバウンティ
・テクノロジー社(以下、アクア社)がサーモンで開発に成功した。

天然のアトランティック・サーモンとフランケン・フィッシュ。どちらも同じ
生後18ヵ月で体長が約2倍、重さは約3倍もの差がついている。

「通常、アトランティック・サーモンは冬の間は成長ホルモンが分泌されず、暖かい
半年間のみ成長します。ですが、一年中成長ホルモンを分泌するゲンゲという深海魚の
遺伝子を組み込むと、寒い時期にも成長を続けるようになる。その結果、2倍の速度で
成長させることが可能になったのです」(「食政策センター・ビジョン21」主宰・安田節子氏)

出荷するまでに3年かかっていたものが、半分の1年半に短縮でき、その分、エサ代も
減らせる。養殖業界にとっては、安く、効率的に育てられる夢の食糧が実現したわけだ。

大豆やトウモロコシなど、農産物の遺伝子組み換えはかなり普及しているが、魚や肉など
動物の遺伝子組み換え食品としては世界初となる。それゆえ、人体に危険は及ぼさない
のか、生態系への影響はどうなのかなど、さまざまな不安から反対運動も起こっているの
だが、アクア社の広報担当デイブ・コンレイ氏は、こう断言する。

「海から離れ閉鎖された場所で養殖されているので、魚が逃げるということはありません。
だから生態系に影響を与える心配は無用。そして、我が社の社員は、実際にこのサーモンを
食べています。私が『美味しい』と言うと客観性に欠けた意見に聞こえてしまうかもしれま
せんが、いい商品ですよ。健康にいいし、安全です」

アクア社は食品としての販売許可を得るためにFDA(米食品医薬品局)に申請しており、
「認可する方向に向かっています」(前出・広報担当者)という。

見た目は変わらない。味も一緒。でも実際は自然界にいるサーモンとは遺伝子レベルから
異なる「人工生物」を食べることになる。私たちが、フランケン・フィッシュの「シャケ弁」
を食べる日は、すぐそこに近づいている。

遺伝子組み換え生物を作ることに反対している米国の作家、ポール・グリーンバーグ氏は
こんな点に不安を抱いているという。

「ここでアメリカが認可してしまうと、中国などがさまざまな動物で技術を応用し始める
でしょう。それに、遺伝子組み換え食品は、現状アメリカでは表示義務がない。私たちは、
知らない間に、フランケン・フードを口にしてしまうことになるのです」

サーモンだけでなく、2倍のスピードで成長するマグロや鯛、牛や豚……そんな本物とは
似て非なる人工的な魚介や肉が、近い将来、知らないうちに食卓に並ぶようになるのは、
もはや止められない。安さを求める消費者がいる限り、より安く食品を作るために、
こうした技術も日々開発されていく。

※長文記事のため以下割愛。全文はソース記事をご覧ください。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38632
no title

001 : 以下「調査報告@ch」が注目の記事を紹介します :  ID:CyousaHoukoku

2 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 08:45:22.83 ID:odBOBEuL
怖いわぁ。そのうちクラーケンまで作るのかね
3 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 08:45:57.87 ID:D5pC9TO5
べつにいいんじゃね?と思ったが
>「ここでアメリカが認可してしまうと、中国などがさまざまな動物で技術を応用し始める
でしょう。
これは怖い
世界の破滅だ
5 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 08:51:42.61 ID:VN1tDLLK
プロセスチキンが走り回る世界は遠くないな
7 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 08:58:59.74 ID:D5pC9TO5
>>5
リアル「人類は衰退しました」とか笑えねーよ
6 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 08:58:45.30 ID:iN2/VzyA
味が変わらんならいいんじゃないか。
遺伝子組み換え食品を毛嫌いする理由が良くわからん。
食ったからって人間の遺伝子が組み換わるわけじゃないだろ?
8 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:04:03.12 ID:5II+rGAV
>>6
それがわからないから怖いんだよ
11 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:16:54.12 ID:cPCO8PFo
>海から離れ閉鎖された場所で養殖されているので、魚が逃げるということはありません

断言するが、いつか絶対に逃げて自然交配するよ。
絶対に逃げない、などという事はあり得ない。ましてや動物なんだぜ?
13 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:20:27.31 ID:ub7lLQdl
むかし「殺しを呼ぶ卵」という映画があったが、あれに出てくる鶏は不気味だった。
16 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:26:47.48 ID:nmfDjFcI
世界人口はどんどん増えてるし相対的に先進国の地位がさがってる今日
今の生活を維持しようとおもったら遺伝子操作を活用せざるをえないでしょうな
スローフードなんてのんきなこと言ってられる時代じゃない
18 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:30:52.74 ID:fx+9Yq/V
他の生物間でも遺伝子の交換は起こっているらしいからねぇ

おかしなことが起きなければいいけど・・・
20 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:37:25.65 ID:94JxTsbR
健康にいいなんて根拠が分からないんだけど。
22 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:44:35.24 ID:nAjmQaJW
食ったら必ず直ちに影響が出るってもんじゃないものな
何十年後にやっぱ人体に悪影響ありますわと
言われてもどうしようもない
作った企業が存続しているとは限らないし
安全だの万全の管理何て所詮売り文句
鵜呑みにできるわけもない
35 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:05:49.81 ID:OpoXdBv4
>>22
「想定外」と言う便利な言葉があってだな…
23 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:45:23.16 ID:wMma10kp
ニジマスシャケ弁かフランケンシャケ弁か
24 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:45:41.27 ID:3DCV/L3F
こんな喰い物喰いたくないから人口は減らそうとは言わないんだよねw
人口爆発こそがこういった技術の根拠になっているのにw
25 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:46:11.61 ID:3N1nRLgT
上に書いてる人いるけど、いずれ自然界に逃げる個体が出てくるだろうね。
アメリカザリガニやウシガエルだって放流されたんだ、あり得ないわけがない。

で、遺伝子操作が常識になってくる訳だ。その次は遂に人間への操作が開始されるだろうな。
SFみたいな妄想だが、フランケンフィッシュの時点で十分SFだよね
26 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:48:43.20 ID:wMma10kp
>海から離れ閉鎖された場所で養殖されているので、魚が逃げるということはありません。
>だから生態系に影響を与える心配は無用。

怖いのはココだよ
バカチョンが盗んで粗悪な海洋生簀で養殖したり、事業に失敗して海に放ったり
ヒューマンエラーをまるで考慮して無いところな
28 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:51:36.69 ID:55/c0Fd6
>>26
どんなに管理された所でも無理があるよね
日本でもティラピアやブルーギルなんて養殖や試験場からの流出だし
29 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 09:55:09.96 ID:vpjnSgkY
別にいいんじゃね?今の世界の人口増加率のままでは食糧難が確実なんだから
口減らしをしないなら生産を増やさなきゃ
36 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:07:02.06 ID:hmV4lkZX
食べた人間も2倍の速さで成長するようになるんだろうな

オランダ人がデカイのは家畜に成長促進剤を与えてて、
それを人間が食うからだって言われてるしw
37 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:10:53.87 ID:GgkMjt+f
遺伝子組換え生物によるバイオハザード来るなコレ。
モヒカンと肩パッドが流行る
38 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:10:58.75 ID:n7Dg+UpU
可食部ばかりが発達した知能の無い家畜を工場で生産する時代になるんだろうな。
フォアグラの問題でかなり本気で研究してるようだし。
39 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:12:13.52 ID:4Gxz4GmJ
いつかは「もう何の肉かは特定出来なくなっちゃったけど肉、とにかく肉」というのが出回るんだろうな。
41 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:20:28.73 ID:LttaaAt/
ここまでやってるのに、なんで鯨とイルカは騒ぐんだ?
42 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:22:06.53 ID:h/3H47tJ
うろこの無い鯛を開発したら、魚屋は大喜びだな
46 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:32:56.04 ID:fx+9Yq/V
>>42
そのうち最初から体に点線が入ってて引っ張るだけだ簡単に3枚におろせる魚なんかも出てきそう
45 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:30:20.50 ID:M1fzw/tj
最終的には切り身の状態の魚を養殖するようにするんじゃねえの。
49 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:41:24.34 ID:34LHm7CM
人工食品のヤバさが分かってないヤツだらけか……
50 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 10:58:02.64 ID:LJKEYMUL
食糧不足なら肉を作らなきゃいいんだよ
51 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 11:01:19.30 ID:EhU77xlu
単なる品種改良なら良いんだけど、遺伝子組み換えは生理的に無理
53 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 11:03:38.51 ID:DuKaNYzu
栄養なんかねえし、病気になるがな。
これら人工食品は超不完全食品
55 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 11:05:09.70 ID:tKANBYWU
うまい部分だけ増やせるなら夢の技術じゃん
なんで遺伝子いじっちゃいけないの?原理主義的な宗教か?
もっと言えば、人間だってよりよくなるために遺伝子いじってなにがいけないのかね
57 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 11:09:21.21 ID:DuKaNYzu
>>55
それは科学の過信だということ
人類は未だに米粒一粒でさえ、人工的には作れない。
その不完全さを広告で騙してるだけだ。
勝手に色々な栄養素に名前をつけてな
58 : 名刺は切らしておりまして : 2014/03/15(土) 11:15:16.70 ID:aORdH1Rm
遺伝子組み換えのメリットは多々でるけど、
デメリットを明確に言える奴っていないよね。
せいぜいが環境団体みたいな 生態系ガー と生物作り変えが倫理的に~ だけ。

引用元: http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1394840225/